イエプコとは

イエプコ表面改質処理技術とは?

イエプコ表面改質処理技術は、スイスのイエプコ(IEPCO)社によるジェットエンジンのタービンブレードの折損防止の研究に端を発しており、長年の研究の結果、加工変質層の除去と、表面欠陥の閉塞が金属部品の性能向上、長寿命化に効果がある事が分かりました。

イエプコ表面改質処理は、サンドブラスト技術とショットピーニング技術を組み合わせた低圧方式のマイクロブラスト処理です。イエプコ表面改質処理は、加熱も溶剤も一切使用せずに、表面改質のために開発された粉体(エージェント)を吹き付けるだけで、誰でも簡単に確実に表面を改質することができます。

イエプコ表面改質処理は、以下のように様々な分野で採用されています。しかし、これらがイエプコ表面改質処理の全ての効果では無く、まだまだ未知の可能性を秘めた表面改質技術です。

イエプコ表面改質処理は様々な分野で多くの効果を出しています!

射出成形金型への処理例(切削加工面)

処理作用:加工バリ、カエリの除去、滑り性付加
処理効果:金型の磨き時間の短縮、成形不良対策(離型改善による突出し変形防止、成形サイクル短縮による生産性向上)など
1-1.jpg1-2.JPG1-3.JPG


プレス用金型(パンチ・ダイ)への処理例(ワイヤー放電加工面)

処理作用:表面変質層除去、マイクロクラックの閉塞

処理効果:プレス金型の磨き時間の短縮、パンチやダイの長寿命化など
1-4.jpg1-5.JPG1-6.JPG


加工ツールへの処理例(研削加工面)

処理作用:バリ、カエリの除去、マイクロクラックの閉塞
処理効果:エンドミル、ホブカッターなど加工ツールの長寿命化
1-7.jpg1-8.JPG1-9.JPG


アルミダイカスト金型への処理例

処理効果:ヒートチェックの予防および初期ヒートチェックの修復
1-10.jpg1-11.JPG


医療器具、精密部品、放電電極への処理例

処理作用:バリ取り、表面の緻密化
処理効果:バリ取り時間の大幅短縮、細菌繁殖の防止など
1-12.jpg1-13.JPG1-14.JPG

最終更新日:09.07.13