イエプコとは

研削加工面への処理例

研削加工後の表面には砥粒によって作られたトレース(研削目)がありますが、これらは微細なバリやカエリの集合したものであり、母材と弱い力で結び付いています。イエプコ表面改質処理では、微細なバリやカエリを瞬時に除去した後、金属表面を平滑化・緻密化します。

1.研削加工面のバリやカエリが取れ、滑り性を持った平滑な面が得られます。
5-1.JPG 5-2.JPG

2.ポケットの奥やコーナー部も均一に処理できます。エッジのダレも見られません。
5-3.JPG 5-4.JPG

3.プレス金型のパンチ、ダイに処理をして寿命が3~4倍に延びた例が多数あります。
5-5.JPG 5-6.JPG

4.リーマ、エンドミルなどの工具に処理をして、寿命が2倍以上に延びた例が多数あります。下の写真の例では、すくい面、逃げ面とも研削のバリやカエリが取れて緻密で平滑な面になっています。
18-2.JPG 18-3.JPG

最終更新日:17.06.08