イエプコとは

型彫り放電加工面への処理例

1.型彫り放電加工面は硬くてもろい加工変質層(放電白層)に覆われていますが、この放電白層は、磨きにくく異物付着やカジリなどの様々な不具合を発生させます。イエプコ表面改質処理は、その加工変質層(放電白層)を瞬時に除去し、表面を緻密で平滑な面にして滑り性を高めます。
7-1.JPG 7-2.JPG

2.手では磨きにくいポケットのコーナー部なども簡単に処理できます。金型などの磨き時間が大幅に短縮できます。
7-3.JPG 7-4.JPG

3.複雑な形状でも、その形状を保ったままバリやカエリの無いスムースな面に仕上がります。
7-5.JPG 7-6.JPG

4.加工変質層を取り去った後は母材の形状になるので、加工でしっかりとした端面が出ていれば、加工変質層を取り去った後も形状の変化が無く、角部もシャープさを保っています。
7-7.JPG 7-8.JPG

最終更新日:17.05.26