イエプコとは

ワイヤー放電加工面への処理例

1.ワイヤー放電加工面は型彫り放電よりも、仕上がった表面のキメが細かく、形状もしっかりとしているので、イエプコ表面改質処理を行うだけで、その後の磨き工程を省略できるケースが多くあります。
8-1.JPG 8-2.JPG

2.ワイヤー放電加工面に起こりがちな錆も、内部まで浸透する前であれば、面の荒れや形状変化無しに簡単に除去できます。
8-3.JPG 8-4.JPG

3.複雑形状や狭い切り欠きの奥まで、均一に滑り性を持った緻密な平滑面が得られ、離型性が向上し成形不良を防止します。
8-5.JPG 8-6.JPG

4.マイクロクラックなどの表面欠陥を閉塞させることで、プレス金型のパンチ、ダイの寿命が3倍以上に延びる例が多くあります。
8-7.JPG 8-8.JPG

最終更新日:17.05.26