イエプコの効果

汚れ付着防止

トリボフィニッシュ処理をした表面は、異物が付着しにくいので、黒点や変色などの成形不良対策として効果があります。また、プラスチック、ゴム金型やスクリュの清掃メンテナンス頻度の低減に効果を発揮します。

主な対象品
 ・プラスチック成形用金型:キャビティ、コア
 ・プラスチック射出成形機:スクリュ、3点セット、ノズル
 ・ゴム成型用金型:キャビティ、コア

事例1) ガス付着防止によるメンテナンスサイクルの延長(ペットボトルプリフォームコア)

ペットボトルのプリフォームコアの表面は鏡面磨きで仕上げてありますが、拡大して見ると手磨き時の砥粒によって、微細なバリやカエリが発生し活性化した表面状態です(写真1)。この活性化された表面に、成形ガスが付着し成形品の外観不良が発生していました。その為、8時間ごとに成形を中断させてメンテナンスをしていました。


イエプコ処理により、微細なバリ・カエリの除去し、さらに表面の緻密化・平滑化し滑り性を与えます。イエプコ処理後の表面は少しくもります(写真2)が、軽くラップすることにより、トリボフィニッシュ効果を保ったまま鏡面にする事ができます(写真3)。これにより従来は8時間毎だったメンテナンスサイクルが24時間毎になり、メンテナンス頻度を1/3と大幅に低減できました。

ペットボトルプリフォームコア
10-21.jpg
写真1                           写真2                          写真3
10-22.JPG10-23.JPG10-24.JPG


事例2) プラスチック射出成形用スクリュの樹脂滞留防止

処理前の問題点

スクリュ表面には手磨き仕上げであれば微細な磨き傷があり、メッキ面やコーティング面であればマイクロクラックやドロップレッツなどの不具合があり、溶融した成形樹脂がスクリュ表面に抱き付きやすい状態です。そして長時間、熱にさらされた樹脂はやがて炭化し、剥がれ落ちたものが成形品へ混入し、成形不良の黒点となります。

イエプコの効果

イエプコ処理では、トリボフィニッシュ効果により滑り性を持った表面が作られます。滑り性を持った表面は樹脂がくっ付きにくく剥がれやすい特性を持っていますので、スクリュ表面における樹脂の滞留を防止し、樹脂の炭化を防止します。これにより成形品への黒点不良を解決します。同じ理由からスクリュヘッド、逆流防止リング、シールリング、ノズルについてもイエプコ処理を行うと効果的です。

10-25.jpg
10-26.JPG 10-27.JPG

その他の付着防止事例
 ・デポジット付着防止による擦り傷、肌荒れ、寸法変化の解消

プラスチック成形におけるその他の効果
 ・離型性改善
 ・摺動部のカジリ防止


事例3) ゴム成形金型のモールドデポジット付着防止

処理前の問題点

ゴム成型用金型には、硬質クロームメッキが多く採用されていますが、その表面には微細なマイクロクラックが存在しています。このクラックに成形材料が入り込んでモールドデポジット付着の原因となっています。

イエプコの効果

イエプコ処理では、この微細なマイクロクラックを閉塞させるとともに、表面に滑り性を与えることにより、モールドデポジットの付着を軽減しています。

ゴム成形金型
11-3.jpg
11-4.JPG 11-5.JPG

ゴム成形におけるその他の効果
 ・離型(脱型)性向上

最終更新日:10.10.22