イエプコの効果

磨き時間の省略・短縮

金型を磨く前にイエプコ処理で、表面の変質層を除去し表面を緻密化しておくことで、大幅に磨き時間を短縮できます。特に放電加工後の放電白層の除去や、手では磨きにくいポケットのコーナー部、複雑形状の狭い隙間などへの処理に効果を発揮します。磨き時間が1/10以下になった事例が多数報告されています。

また、鏡面磨きでは粗磨き後にイエプコ表面処理で微細欠陥を閉塞しておくことで、仕上げ磨き後に発見される表面欠陥を改善する事により高品質な鏡面を作る事ができます。


120時間かかる金型の磨き時間がなんと1.5時間に!!

実物の1/80サイズで精巧につくられたミニチュアモデルで、四方向スライド式の複雑な金型です。
ボルト一本にまでこだわった形状を損なうことなく磨き上げるには、熟練の磨き職人が120時間を要していました。
そこで、イエプコ表面処理を行うことで突当部の角をダラすことなく微細な形状まで放電白層を除去し手磨きゼロに出来ました。スライド面にも処理を行うことでグリスも不要となり、大幅コストダウンにつながりました。

機関車.png       このミニチュアモデルの成形金型に処理を行いました。

手磨きゼロにした上、離型性も向上!!

微細で多数の凸形状があり、従来は手磨きを行っていましたが、1キャビティあたり5時間の磨き時間を要していました。しかし、時間をかけても上下のストロークが取れず、どうしても水平に磨くため、磨き傷が残ってしまい離型を阻害していました。
そこで、イエプコ表面処理をすることにより手磨きをゼロにできただけでなく手磨き仕上げよりも離型性の良い金型をつくることができました。メッシュ.png

ギヤ成形金型の手磨きゼロを実現!!

数十秒のイエプコ表面処理で機械加工精度を落とすことなく表面変質層を除去し、緻密で滑り性の高い面にすることで、手磨きをゼロにするだけでなく、
離型性が大幅に改善され、成形サイクルアップも可能。
②機械加工精度が維持でき、突出し時の変形がない為、JIS等級の2等級アップも可能
ギヤ型.png型材質:SKD61 硬度:HRc52 成形材料:ポリアセタール


その他の磨き時間短縮事例
 ・プレス金型、ダイカスト金型

金型製作現場におけるその他の効果
 ・微細加工部への処理
 ・摺動部のカジリ防止
 ・放電電極の微細バリ・カエリ除去

最終更新日:18.02.05