イエプコの効果

部品/製品の微細バリ取り

イエプコ表面処理は、精密な金属、セラミック部品、医療用インプラント部品(生体用埋め込み部品)などバリの許されない部品の加工バリ取りにも使用されています。イエプコ表面処理は、『粉体吹き付方式の中ではもっとも形状変化が少ない』という特徴があるからこそ、精密な部品や製品に対しても使用する事ができます。

主な対象品
 ・各種ギヤ(時計用など精密な部品)
 ・医療器具(インプラント製品など切削、研削加工部品やステントなどのレーザー加工部品)

事例1) 医療用器具 インプラントのバリ取り

25-1.jpg
25-2.JPG 25-3.JPG

事例2) 放電電極の微細バリ取り及びカッターマーク内の微細カエリ除去

イエプコ表面処理装置では、この微細バリ取りが容易にでき、しかも電極表面に均一な微細凹凸をつくる(特許第3933653号)ため"食い付き"が良くなります。グラファイト電極においては、加工後の表面を緻密化させることでEDM加工面の表面粗さが向上した例もあります。
15-16.JPG 15-17.JPG
15-18.JPG 15-19.JPG

バリ取りにおけるその他の効果
 ・医療器具 レーザー加工のドロス除去
 ・医療器具 加工バリ、カエリ除去

最終更新日:10.10.21