イエプコの応用分野

射出成形 スクリュの樹脂滞留防止

事例1) プラスチック射出成形用スクリュの樹脂滞留防止

処理前の問題点

スクリュ表面には手磨き仕上げであれば微細な磨き傷があり、メッキ面やコーティング面であればマイクロクラックやドロップレッツなどの不具合があり、溶融した成形樹脂がスクリュ表面に抱き付きやすい状態です。そして長時間、熱にさらされた樹脂はやがて炭化し、剥がれ落ちたものが成形品へ混入し、成形不良の黒点となります。

イエプコの効果

イエプコ表面改質処理では、トリボフィニッシュ効果により滑り性を持った表面が作られます。滑り性を持った表面は樹脂がくっ付きにくく剥がれやすい特性を持っていますので、スクリュ表面における樹脂の滞留を防止し、樹脂の炭化を防止します。これにより成形品への黒点不良を解決します。同じ理由からスクリュヘッド、逆流防止リング、シールリング、ノズルについてもイエプコ表面改質処理を行うと効果的です。

10-25.jpg
10-26.JPG 10-27.JPG

3点セット
10-28.jpg
10-29.JPG 10-30.JPG

最終更新日:17.06.08