イエプコの応用分野

手磨きをゼロにした上、離型性も向上!!


手磨きをゼロにした上、離型性も向上!!

医療用品成形金型において写真のようなコアに微細な凸形状があり、従来は手磨きを行っていたが、1キャビティ当たり5時間の磨き時間を要していました。上下にストロークが取れず、どうしても水平に磨くため、磨き傷が残り、離型を阻害していました。機械加工後直接イエプコ表面改質処理をすることにより、機械加工目を除去し平滑な面に仕上がって離型性が向上し、安定した生産が可能になりました。
イエプコ表面改質処理によって手磨きゼロに出来ただけでなく手磨きよりも離型性の良い金型を作ることができた例です。

イエプコ表面改質処理に要した時間はわずか2分間です。

460-117.jpg

最終更新日:17.06.08