イエプコの応用分野

抜き加工 パンチ・ダイの寿命向上

事例1) 超硬プレス金型(パンチ、ダイ)のチッピング防止による長寿命化

処理前の問題点

超硬を研削加工した場合には、下記SEM画像のように脆性破壊した加工変質層が表面に残っています。これら加工変質層は脱落し易すく、連続稼働中に精密プレス型のパンチとダイの隙間に挟まってカジリの要因になります。また、端面においては、研削加工によって既に小さなチッピングを発生させており、この谷部に応力が加わると更に欠けが進行してパンチ、ダイの破損に発展します。

イエプコの効果

イエプコ表面改質処理では、クリーニング処理工程で加工変質層を除去し、ピーニング処理工程で平滑化させることでパンチ・ダイの破損防止を図ります。その結果、以下のような長寿命化や工数削減の効果がでました。


1、従来は350万プレスで再研磨を行っていたプレス金型が、1250万プレスまで生産できた。
2、パンチ、ダイのR部のチッピングが少なくなった。パンチの焼き付きが少なくなった。
3、再研磨に要する4時間の工数が削減でき、1本当たり37/100削減

プレス金型(超硬パンチ KX01共立合金 加工物t=0.1 BeCu)
12-1.jpg
12-2.JPG 12-3.JPG
SEM画像
12-14.JPG 12-15.JPG

 

事例2) ダイの寿命が3.6倍向上した例

プレス金型においてパンチ、ダイの破損により生産性低下と金型修繕費の負担が問題のあったA社の改善例を紹介します。従来のダイの破損履歴から対象金型の平均寿命は約10万個でした。そこでこのダイにイエプコ表面改質処理を施し同一条件で比較した結果、平均約36万個まで破損防止が図れました。

ワイヤー放電加工によって作られた金属表面には、放電変質層が形成されます。これらをイエプコ表面改質処理のクリーニング工程で除去し、ピーニング工程で表面にあるマイクロクラックの閉塞、さらに滑り性を与える事によりチッピングを防止します。
12-4.JPG 12-5.JPG


最終更新日:17.06.08