イエプコの応用分野

射出成形 摺動部のカジリ防止

事例1) プラスチック射出成形金型 エジェクタピン(丸、角)、エジェクタ穴の摩耗防止

処理前の問題点

エジェクタピンは一般的に研削加工で作られますが、表面に微細なバリやカエリが作られてしまいます。この微細なバリやカエリが、エジェクター作動中に脱落してカジリを引き起こします。また、エジェクタ穴の内面はリーマー仕上げを行いますが、同様にカジリの危険性を抱えています。

イエプコの効果

イエプコ表面改質処理によりエジェクタピン、穴にある微細なバリやカエリを取ります。脱落しやすい要素を積極的に取り去り、滑り性を与える事によりカジリ防止に効果があります。特に、手磨き困難な角ピンやスリーブピンで効果を発揮します。

エジェクタピン(丸)
10-9.JPG 10-10.JPG
エジェクタ穴
10-11.JPG 10-12.JPG
エジェクタピン(角)
20-1.JPG 20-2.JPG

事例2) スライドコアのカジリ防止例

スライドコアとガイドの摺動面に、脱落しやすい微細なバリやカエリがあると、連続稼働中にカジリや焼き付きが発生します。イエプコ表面改質処理はこの不安定なカエリを除去し、平滑化・滑り性を与える事によりカジリ防止が図れます。

10-13.JPG
10-14.JPG 10-15.JPG

事例3) ガイドピン・ガイドブッシュのカジリ防止

ガイドピンとガイドブッシュの摺動面にグリスを塗布しても、カジリが発生することがあります。これは、ガイドピンとガイドブッシュの摺動面に、加工時に生じた微細なカエリなどが磨耗粉としてグリスにつき、摺動部に入り込むために起こります。これらの摺動部にイエプコ表面改質処理を施す事でグリスの定着が良くなり、さらに不安定なカエリを除去しているため、稼働中にグリスが黒く変色しにくくなります。

10-16.jpg
10-17.JPG 10-18.JPG


最終更新日:17.06.08